HOME
滋賀県社会福祉士会は福祉に関する相談と援助の国家資格「社会福祉士」の専門職団体です。
  • ブロック活動
  • 第三者評価事業
  • 社会福祉専門団体との連携
  • 社会福祉士養成支援事業
  • 相談・支援事業
  • 普及・啓発事業
  • 研修事業

滋賀県社会福祉士会では、様々な分野で他の専門職との連携を強化しながら、より多くの会員が各事業に対し積極的に参加し、力量を高め、社会福祉士会として地域住民や援助を必要とする人の専門的な代弁者としての活動と制度改革への取り組みを進めていきます。

NEW 2016年度基礎研修Ⅰの早期実施と成年後見人養成研修の開催について

2016年度は基礎研修Ⅰ修了により成年後見人養成研修を受講できる経過措置適用の最終年度です。

そこで2016年度は滋賀県社会福祉士会が日本社会福祉士会から委託を受け、滋賀県独自で養成研修を10月から実施することになりました。一年度内で基礎研修Ⅰと引き続いて後見人養成研修を同時受講できるラストチャンスです。成年後見人として活動を予定されている会員の皆さん、是非奮っての受講をご検討下さい。

なお、2016年度の基礎研修Ⅰは早期に開催します。受け付けは、2月25日(木)から3月25日(金)16:00までで募集人員は20人です。

基礎研修は、社会福祉士会に入会し、これから生涯研修制度にそって各種研修を受講し研鑽してい くスタート地点となります。基礎研修Ⅰは、最初の課程であり、社会福祉士としての自覚を促すとともに実践の基礎となる、価値・知識・技術について理解することを目的としています。

詳しくは同封のチラシをご覧ください。

なお、1回目の集合研修は6月18日(土)となっていますが、受講決定を受けられた方は、集合研修までに、事前課題として「社会福祉士の役割を考える」ということでレポートの提出をお願いすることになります。

また、1回目の集合研修終了後に、会員の皆様からソーシャルワーク実践を学ぶという中間課題もあります。この課題は、受講されている会員へ、皆様のソーシャルワークの現状と課題をお話いただく内容となっています。あらためて、皆様にご協力のお願いをさせていただくこととなります。

その際には、社会福祉士育成のためぜひ積極的にご協力を賜りますようよろしくお願いします。

NEW 基礎研修5月~6月の会場について

基礎研修の会場については下記のとおりです。

 

  • ●基礎研修I
  • 6月18日(土)栗東芸術文化会館さきら 研修室
  • 9月24日(土)長寿社会福祉センター 第1研修室
  • ●基礎研修Ⅱ
  • 6月18日(土) コミセンきたの 研修室1
  • 7月9日(土)滋賀県立男女共同参画センター 研修室B
  • 8月6日(土)長寿社会福祉センター 第2研修室
  • 9月3日(土)長寿社会福祉センター 第2研修室
  • 10月1日(土)長寿社会福祉センター 第1教室
  • ●基礎研修Ⅲ
  • 6月18日(土) コミセンきたの 会議室
  • 7月9日(土)滋賀県立男女共同参画センター 研修室C
  • 8月6日(土)長寿社会福祉センター 第3研修室
  • 9月3日(土)長寿社会福祉センター 第3研修室
  • 10月1日(土)未定

福祉・介護従事者なんでも相談事業について

福祉・介護の職場で働く方を対象に、職場のストレスや心身の不安、対人関係の悩みや支援技術のノウハウなどについて、本会や県介護福祉士会が相談に応じる事業を実施しています。

内容は、仕事のやり方(職場の人間関係・クレーム対応・人材の育て方・やりがいを妨げる職場の課題・専門性の確保と他職種協働・連携など)について電話相談、メール相談、個別面談等を行うものです。

また、希望された事業所には直接出向き講座や相談を受ける「出前講座・出前相談」も積極的にお受けいたします。

 

専用電話(080-3828-2918)による相談

原則 月~金曜日(祭日除く)の10時~17時まで。

メールによる相談(shiga2944@sirius.ocn.ne.jp)

メール送信日から翌5日以内に(土日・祝日除く)回答します。

Page Top